大田区田園調布で、個別指導塾はグレイススタディケア
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 親子で読むブログ

親子で読むブログ

現代文の進め方~マンスリーレポート9月のコラムより

受験生を苦しめるもの、最後の最後で点が取れないと嘆く科目が現代文です。 現代文は主に評論・論説文、小説、随筆のジャンルに分かれています。評論文は特に難しく、政界にたどり着くのは至難の業です。なおかつ、漢字の読み書き、文学 …

プリント類の整理~マンスリーレポート7月のコラムより

主に私立の中学、高校は教科書で授業が進むことは少なくて、ほとんどがプリントにより授業が進められます。 各教科ごとに膨大なプリント類が配布されるわけですが、この整理が大変重要であることは言うまでもありません。 先日も、ある …

思春期は眠いのです 今月のコラムより

中2生で、いつも眠たがっている生徒がいますが、これはある意味仕方のないことなのかもしれません。 いわゆる思春期というのは、体のホルモンバランスが崩れています。ちょうど「つわり」と同じような状態と思っていただければよろしい …

入院騒動顛末記

代表が椅子から転げ落ちて手首を痛めたのが昨年の暮れも押しつまった12月27日。相当痛そうにしていた。すぐさま、自宅近くの整形外科を受診し、レントゲンを撮ってもらったところ、骨には異常がなく重度の捻挫だろうということで湿布 …

幼少期から適切な養育を受けていないと…

仕事帰りに多摩川駅で目黒線に乗ろうとした時のこと。乗ろうとした車内で20歳ぐらいの男性が、おもむろに私の前に立ちふさがり足を大股に開いた。ズボンの前は全面的に裂けている。要するにパンツ丸見えなのである。まあ、これだけでも …

卒業生との再会は何よりのもの朗報である

今年は、公私にわたり久しぶりに再会する方が多かった1年であった。母校の学科の創立50周年式典では、代表とともに皇太子殿下のおそば近くでシンポジウムを拝聴し、その後の懇親会では、同窓生と卒業以来の再会があった。 また、親し …

愛読書は神谷美恵子著「こころの旅」

私の本棚には何冊か処分できない本が並んでいる。時々引っ張り出しては読み直しているのだが、時と共に思うところは変化していて、1回目では気付かなかった点、2回目でようやく意味がつかめるようになるところがあり、こういうものを「 …

「くじけないで!東北!!」「がんばろう!日本!!」

震災から半年経って間もなく、気仙沼向洋高校の軽音楽部から1通の封書が届いた。 震災後、私たちは大きな会社ではないし多額な寄付金を算段する術はないけれど、何か私たちでできることはないかと探していた。個人での支援物資はあっと …

たちの日々の営みはかけがえのないものだ

高校生の女子生徒が何気なくつぶやいた。「このごろ、いいニュースがありませんねぇ」 誠に、前後左右360度見回してもいいニュースが見当たらない。どちらかというと、ぞっと背筋が寒くなるような話が多い。どう考えてみても、この先 …

子育ては、過保護も放任もよろしくない

先日電車の中で中学生の母親らしき2人の会話が聞こえてきた。 「私、三者面談のあとってすごく機嫌悪いの」 「私もよ。先生が私にばかり話すから、こっち(子ども)に話してください。子どもの問題ですから。って言ったら、先生が、お …

« 1 2 3 4 11 »
PAGETOP
Copyright © N&N Co. Ltd. All Rights Reserved.