大田区田園調布で、個別指導塾はグレイススタディケア
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 親子で読むブログ

親子で読むブログ

ある習慣を取り入れたところ、「明日もきっといいことが起こる」と確信できるようになった

皆様も、1日の終わりに床につき、睡眠に入るまでいろいろなことが頭の中をよぎることと思います。 その日の出来事、楽しかったこと、うまくいかず悔しかったこと、人間関係でもたらされること、仕事のこと、学校のこと、明日の予定など …

同じ日本人同士がコミュニケートできないという現実

先日、ある事務手続きを巡って、関係の会社の若手社員と電話でのやり取りとなった。こちらの言い分、あちらの言い分、いろいろやりとりしているなかで、こちらが「当方としては、毛頭そのようなつもりはないわけで、云々」といったところ …

塾長の過去の想いで―そそっかしいにもほどがある

あれは今から10年前。2006年7月6日(木)午後6時30分、事故は多摩川駅階段で発生した。 いつもと同じように電車を降り、いつもと同じように階段をおり、さて教室に向かおうとしたとき、“もう階段は降りきった“と錯覚したら …

子育ては、放任と過保護の両極端に陥りがちである

このところ、あまりにも辛いニュースが続き、テレビのスイッチをつけるのをためらう。 中でも、多摩川河川敷の中学1年生の事件には、様々なことを考えさせられた。たぶん、ご父母の皆様もそれぞれにある種の慨嘆をもってこの不幸な事件 …

生徒数が多いからよい塾とは限らない。知る人ぞ知る隠れた名店のような塾にしよう

数年前、書店で学習塾を紹介する書籍を見つけ、その前書きを読んでみたところ、「学習塾探しは、エステティックサロンを探すのと同じようなもの」との記述をみつけ、びっくり仰天したことがある。 “そうかぁ、塾はエステと一緒なのかぁ …

夜中に塾生のA子ちゃんから電話。個別指導に営業時間はありません

私が夫とともに個別指導塾を原宿で開業してからはや30年。その間、何百組の親子と出会い、たくさんの思い出をいただきながら、あっという間に過ぎてしまったというのが実感です。たくさんの経験の中から、特に印象に残っていることを時 …

二宮尊徳の教えに学ぶ。「至誠」「勤労」「分度」「推譲」の四つの教え

先日、所用があり、栃木県の二宮神社と二宮尊徳資料館を訪ねました。少し前までは、多くの学校に、少年時代の二宮金次郎の銅像がありました。その姿は、たいてい薪を背負いながら本を読んでいるもので、日本人のよい特質の一つである(あ …

心理学では学力は、素質(遺伝)×環境によって決定されるとされている

例年、小学6年生が卒業式を迎えるにあたり、一緒に読む文章があります。昭和を代表する論客、司馬遼太郎氏が大阪書籍の6年下の国語の教科書に書き下ろした文章で、私からの12歳の旅立ちのはなむけの言葉としています。 数年前、私が …

中学入試の合格実績を発表することに意味があるのか?

グレイススタディケアが発足してまだ数年のころ。初めての中学受験生を送り出す朝。2月1日の午前6時の駅のホームは人影もまばらで、まだ夜も明けていない。「いよいよ今日から始まる」この時点で、一番緊迫していたのは、他ならぬ私か …

古来“言霊”という思想があり、言葉には不思議な力があります

旧暦の正月、節分にあたって、私個人の今年の目標を考えていたのですが、ダイエットを実行するとか掃除をこまめにするなど、いろいろな候補の中で決定したのが「美しい言葉遣いを心掛ける」でした。 日本には古来“言霊”という思想があ …

« 1 9 10 11 »
PAGETOP
Copyright © N&N Co. Ltd. All Rights Reserved.