「新しき 年のはじめの 初春の 今日降る雪の いや重け吉事」(大伴家持)

 皆様、新年あけましておめでとうございます。今年は酉年。大空に羽ばたく鳥のように自由に楽しい一年となりますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 教室では、冬期講習の真っ最中。それぞれが課題に向かって真剣に、そして熱心にチャレンジしています。
その生徒は週に1コマ通ってきてくださいます。

  いよいよ今年も受験シーズンの到来です。中学受験も埼玉、千葉などの入試が始まります。高校受験も推薦入試があります。そして、なんといっても大学入試センター試験があります。
 グレイススタディケアからも何人かの受験生がいます。ご家庭でもピリピリした空気に包まれていることでしょう。しかし、受験するのは子ども本人。あまりお父様、お母様が空気を変えてしまうと、それがプレッシャーになることもあります。なるべく普段通りの生活を過ごされるほうがよろしでしょう。とはいえ、見守っているのが難しい局面もあります。勉強時間以外はホッとできる空間づくりも大切です。温かい食事、栄養のある食べ物で体力を増強してあげましょう。勉強の合間の甘いものも脳にとっては必要不可欠です。
 そして、ぐっすり眠れる環境も大切です。とかく寝不足がちになる受験生です。気持ちの良いシーツや枕にも気を配っていただきたいものです。
 
 また、入試に必要な手続き、書類関係も学校によって揃えるものが異なりますので、今一度の確認をお願いいたします。

 今年の大学受験生を見ていると、どうも心配な点が目につきます。緊張感に欠ける生徒がいる一方で、精神的に不安定な生徒もいる様子。家庭学習を全くしない生徒もいます。総合的にみると、勉強時間が圧倒的に少ないのです。やるべきことはたくさんあるはずなのに、手が付けられないとなると、結果に影響するのは明らかです。今からでも遅くはありません。必死になってがむしゃらにやっていただきたいと願っています。
 精神的に辛い方はいつでも相談にのりますから、遠慮なく話をしにいらしてください。

 日本はまだ残念ながら学歴社会と言われます。それでも、大学名で人生を渡っていけるほど甘い現実ではありません。特にこれから、AIなどの登場によって、様々な職業がなくなる代わりに、人間にしかできない職業が残っていくでしょう。20年後、30年後、世界がどうなっているのか想像もつきませんが、いま目の前にある課題をクリアすることに価値があるのではないでしょうか。

 自分の人生を切り開いていくために、それぞれの受験生にエールを送ります。

合格目指して頑張ろう受験生!!!