「グリット」とは一体何なのでしょう。困難なことにチャレンジし、逆境にも打ち勝つ「度胸(Guts)」、挫折しても立ち直る「復元力(Resilience)」、自ら率先して行動する「自発性(Initiative)」、目的・目標に向かってやり抜く「執念(Tenacity)」。このすべての頭文字を合わせたものが「GRIT」です。つまりは、努力・根性・忍耐・情熱などを総合した、“やり抜く力”のことで、アメリカでは、“もっとも成功に必要な力”として注目されています。

これは、ペンシルベニア大学の心理学教授・アンジェラ・ダックワース氏が米国陸軍士官学校やグリーンベレーとの共同研究で出した結論であり、「人生で成功するには、IQの高さや天賦の才よりも、グリットのほうが重要であること」を科学的にも裏付けています。同氏はこの研究により、アメリカでノーベル賞と同等の位置付けにある「マッカーサー賞」も受賞しました。

「これからの時代、最低限の体力や知力は大前提ですが、そこにグリット、つまり、“やり抜く力”が必要だとされています。中学受験や習い事に必死になり、高い学歴やスキルを身に付けさせたところで、複雑な世の中を生き抜く力にはつながりません。サッカー教室でもプログラミング教室でもなんでもいいので、『何かに一生懸命に取り組み、壁を乗り越える経験』をさせることが大事です。小さな成功体験を積ませていけば、やがて子どもはグリットを得ることができるのです。また、私はこれに加えて、『自分にはできないこと』ができる人と仲良くする力も必要だと考えています。自分とは異なる性質を持つ人々と協働できれば、1人ではなく、チームの一員として一緒に生き抜くことができますから」
(YAHOOニュースより一部抜粋)