算数は、問題の演習量によって成績が決まる教科です。算数のセンスがあまりない子どもでも、問題量をこなすことである程度のレベルまではいきます。問題量をこなすことが、非常に重要な教科なのです。

ところが、計算力がないと他の受験生に比べて量をこなすことができません。同じ時間だけ勉強していても、解く問題数が少ないので、いつまでたっても追いつかない、そればかりか離されてしまいます。それだけ計算力は重要であり、4、5年生になる前に、速く正確に計算できる力を身に付ける必要があります。そのためには、単位にしても四則計算にしても何回も練習する必要があります。何かお子さまに「やった!」という達成感を持たせる工夫が必要です。

たとえば、チェックテスト方式で一覧表を貼り出し、合格したらシールを貼るという方法も一つです。大人にとってはつまらないものかもしれませんが、子どもをやる気にさせるきっかけになる場合が少なくありません。そして、そのようなものが不要になった時は、恐らくお子さまが自分からやらねばならないと自覚した時なのです。

受験の主体が、保護者のかたから受験生本人に移行した瞬間といえるでしょう。その瞬間をめざして、さまざまな工夫をする必要があります。少々面倒ではありますが、中学受験が親子による二人三脚の受験と呼ばれる由縁がここにあると思います。